大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

2017年2月新着図書

なにわ歴史塾の2月新着図書を配架しました



今月は4冊





◆図録◆
・『忍性:救済に捧げた生涯』 (奈良国立博物館)



◆雑誌◆
・『懐徳/第85号』 (懐徳堂記念会編)
・『博物館研究/Vol.52 No.1、2(通巻583・584号)』 (日本博物館協会編)






図録は、昨年の夏から秋に開催されたものです◎
ぜひご覧ください

2017年1月新着図書

なにわ歴史塾の1月新着図書を配架しました



今月は4冊





◆図録◆
・『城下町金沢は大にぎわい!』 (石川県立歴史博物館)
・『戦国乱世と山科本願寺』 (大谷大学博物館)
・『宇宙と芸術展』 (森美術館)



◆図書◆
・『小説土佐堀川』 (古川智映子著)





図録はすべて、昨年の夏から年明けまでに開催されたものです◎
ぜひご覧ください

大阪の古写真と笑い文化

なにわ歴史塾特集コーナーで「大阪の古写真と笑い文化」(期間:12月7日(水)~平成29年3月27日(月))特集がはじまりました。

ポスター修正済み


ここ数年冬になるとなぜか大阪に関係する特集をしています。
今年はお客様からの問い合わせが多い昔の大阪の街の写真や大阪城の写真を中心に、漫才や落語など笑いに関係する本を集めました



図書リストはこちら



大阪の古写真
『写真集 おおさか100年』 サンケイ新聞社 1987
『写真で見る大阪市100年』 大阪都市協会 1989
『大阪/写真/世紀』 大阪歴史博物館 2002
『古写真なにわ風景』 大阪城天守閣特別事業委員会 2000
『おおさか水辺の風景』 大阪城天守閣特別事業委員会 2006
『描かれた大坂城・写された大阪城』 大阪城天守閣特別事業委員会 2008
『なつかしき大阪』 文芸社 2003
『昭和30年代の大阪』 三冬社 2008
『写真で見る消えた大阪の宝』 日本機関紙出版センター 2010
『大阪市今昔写真集 西南部版』 樹林舎 2009
『大阪市今昔写真集 東南部版』 樹林舎 2009
『大阪市今昔写真集 北部版』 樹林舎 2010
『昭和の大阪』 光村推古書院 2012
『大阪城はこの姿』 大阪城天守閣 2013
『昭和の大阪/2』 光村推古書院 2014
『カメラが撮らえた大阪の昭和』 KADOKAWA 2013
古写真修正済み



笑い文化
『上方喜劇』 白水社 1993
『天才伝説横山やすし』 文芸春秋 1998
『上方落語のはなし』 朝日新聞社 1992
『昭和上方笑芸史』 学芸書林 1993
『なにわ歳時記』 東方出版 1992
『正司敏江のどつかれても踏まれても』 恒友出版 1992
『上方らくご歳時記』 燃焼社 1999
『大阪笑話史』 編集工房ノア 2000
『米朝・上岡が語る昭和上方漫才』 朝日新聞社 2000
『上方落語よもやま草紙』 たる出版 1998
『大阪人/2004年2月号(第58巻2号)』 大阪都市協会 2004
『大阪パノラミン』 朝日新聞社 1994
『昭和の漫才台本/第1巻』 文研出版 2008
『大阪人/2000年1・2月号(第54巻1・2号)』 大阪都市協会 2000
『浮世はいとし人情こいし』 中央公論新社 2002
『笑いのディクショナリー』 明治安田生命保険相互会社大阪総務部関西を考える会 2007
『上方演芸大全』 創元社 2008
『私説おおさか芸能史』 大阪書籍 1986
『大阪学』 新潮社 1997
『上方・笑いのシンフォニー』 明治生命保険相互会社大阪総務部創業114年感謝“関西を考える”会 1995
笑い文化修正済み


なにわ歴史塾は、博物館がお休みの火曜日と年末年始(12月27日~1月4日)は閉まっていますが、博物館が開いているときはいつでも開いています



ご利用お待ちしております



2016年12月新着図書

なにわ歴史塾の12月新着図書を配架しました



今月は54冊






◆図録◆
・『大航海時代と博多』
・『唐代壁画展』
・『装い』
・『遥かなる長安』
・『博多の豪商嶋井宗室展』
・『[遊・芸]の美』
・『黒田家』 
・『能のかたち』
・『釣道楽の世界』
           (以上9冊 福岡市博物館編)
・『チャイナタウン展』
  (「チャイナタウン展:もうひとつの日本史 博多・那覇・長崎・横浜・神戸」実行委員会編)
・『黒田長政と二十四騎』 (黒田長政と二十四騎実行委員会編)
・『新・奴国展』 (特別展「新・奴国展」実行委員会編)
・『極 茶の湯釜』 (MIHO MUSEUM編)
・『飛鳥から近江へ』 (滋賀県立安土城考古博物館編)
・『坂東宗稜と近代徳島の茶の湯』 (徳島市立徳島城博物館編)
・『大妖怪展』 (東京都江戸東京博物館編/あべのハルカス美術館編)





◆図書◆
・『あのころの阿倍野』 (中村治編著)
・『銭湯遺産』 (町田忍著)
・『民芸運動と建築』 (藤田治彦著/川島智生著/石川祐一著/他)
・『図説戦国甲冑武者のいでたち』 (佐藤誠孝著/石井理恵子編)
・『歴史と文化の町並み事典』 (文化庁編)
・『枚方の歴史』 (瀬川芳則著/西田敏秀著/馬部隆弘著/他)
・『飛鳥から藤原京へ』 (木下正史編/佐藤信編)
・『平城京の時代』 (田辺征夫編/佐藤信編)
・『恒久の都平安京』 (西山良平編/鈴木久男編)
・『逸翁自叙伝』 (小林一三[著])
・『木簡から古代がみえる』 (木簡学会編)
・『ここまでわかった飛鳥・藤原京』 (豊島直博編/木下正史編)
・『「大大阪」時代を築いた男』 (大山勝男著)
・『蓮如』 (神田千里著)
・『古代はいま』 (奈良文化財研究所編)
・『平城京に暮らす』 (馬場基著)
・『なにわの歴史八景』 (酒井一著)
・『緒方洪庵』 (梅渓昇著/日本歴史学会編)
・『落日の豊臣政権』 (河内将芳著)
・『大坂落城異聞』 (高橋敏著)
・『大阪「高低差」地形散歩』 (新之介著)
・『飛鳥史跡事典』 (木下正史編)
・『花見と桜』 (白幡洋三郎著)
・『知って役立つ民俗学』 (福田アジオ編)
・『ぼんぼん』 (今江祥智編)
・『船場大阪を語りつぐ』 (前川佳子[文])
・『京の筏』 (手塚恵子編/大西信弘編/原田禎夫編)
・『日本の町並み/上巻・下巻』 (苅谷勇雅編著/西村幸夫編著/山川図書出版編)
・『消えたわが母校』『続消えたわが母校』 (赤塚康雄著)
・『戦国のゲルニカ』 (渡辺武著)
・『秀吉の虚像と実像』 (堀新編/井上泰至編)
・『安藤百福』 (石川憲二[シナリオ]/海野そら太[漫画])
・『松下幸之助』 (石川憲二[シナリオ]/阿部高明[漫画])
・『与謝野晶子』 (菅谷淳夫[シナリオ]/あべさより[漫画])
・『公家事典』 (橋本政宣編)
・『道具の考古学』 (佐原真著/金関恕編/春成秀爾編)





今月は購入図書もあり、たくさんの本を入荷しました◎
ぜひご覧ください

2016年11月新着図書

なにわ歴史塾の11月新着図書を配架しました





今月は1冊




◆図録◆
・『蘇我氏を掘る』 (奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)





現在開催中の展覧会図録です◎
ぜひご覧ください

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR