FC2ブログ
大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

2019年12月新着図書

なにわ歴史塾の12月新着図書を配架しました





今月は3冊




◆図録◆
・『子ども・おもちゃの博覧会』 (埼玉県立歴史と民俗の博物館)
・『豊臣外交』 (大阪城天守閣)
・『由義寺発見! -国史跡指定記念-』 (八尾市立歴史民俗資料館)





全てこの秋に開催された展覧会図録ですぜひご覧ください

2019年11月新着図書

なにわ歴史塾の11月新着図書を配架しました





今月は48冊





◆図録◆
・『あにまるず Animal×Zoo』 (福島県立博物館編)
・『ヤマト王権とその拠点』 (大阪府立近つ飛鳥博物館編)



◆図書◆
・『慶長以来新刀辨疑』 (鎌田魚妙著)
・『日本刀の鑑賞基礎知識[復刻版]』 (小笠原信夫著)
・『考古学講義』 (北條芳隆編)
・『古代史講義/戦乱篇』 (佐藤信編)
・『日本考古学・最前線』 (日本考古学協会編)
・『古墳時代に魅せられて』 (都出比呂志著)
・『よみがえる百舌鳥古墳群』 (宮川徏著)
・『若い読者のための考古学史』 (ブライアン・フェイガン著)
・『世界のなかの沖ノ島』 (春成秀爾編)
・『わくわく!探検 れきはく日本の歴史/1』 (国立歴史民俗博物館編)
・『ここが変わる!日本の考古学』 (藤尾慎一郎編/松木武彦編)
・『日本古代の歴史/1 倭国のなりたち』 (木下正史著)
・『日本古代の歴史/2 飛鳥と古代国家』 (篠川賢著)
・『日本古代の歴史/3 奈良の都と天平文化』 (西宮秀紀著)
・『日本古代の歴史/4 平安京の時代』 (佐々木恵介著)
・『日本古代の歴史/5 摂関政治と地方社会』 (坂上康俊著)
・『日本古代の歴史/6 列島の古代』 (佐藤信著)
・『絵画としての筒描』 (遠谷茂著)
・『生きもの民俗誌』 (野本寛一著)
・『鴻池幸武文楽批評集成』 (多田英俊編著)
・『二人の名優』 (山田庄一著/渡辺保著)
・『笑福亭松朝の上方演芸百年噺』 (四代目桂文我著)
・『ビジュアル日本のお金の歴史/明治時代~現代』 (草野正裕著)
・『大坂夏の陣にゃんたときはち』 (にしむらかおり[作・絵])
・『ビジュアル日本の鉄道の歴史/1』 (梅原淳著)
・『日本軍兵士』 (吉田裕著)
・『大阪市の昭和』 (野村明紘編)
・『大坂城全史』 (中村博司著)
・『小林一三』 (柴田こずえ[文]/青山友美[絵])
・『村山龍平』 (早房長治著)
・『わくわく!探検 れきはく日本の歴史/4』 (国立歴史民俗博物館編)
・『資料が語る災害の記録と記憶』 (樋口雄彦編)
・『事典日本の年号』 (小倉慈司著)
・『沖縄戦を知る事典』 (吉浜忍編/林博史編/吉川由紀編)
・『建築を見つめて、都市に見つめられて』 (石田潤一郎著/中川理編)
・『新・大阪モダン建築』 (橋爪紳也編著/高岡伸一編著/三木学編著)
・『広告のなかの名建築』 (橋爪紳也著)
・『検証平成建築史』 (内藤廣著/日経アーキテクチュア編著)
・『プレモダン建築巡礼』 (磯達雄文著/日経アーキテクチュア編)
・『古建築の細部意匠』 (近藤豊著/三沢三郎編)
・『図説建築の歴史[カラー版]』 (西田雅嗣編/矢ヶ崎善太郎編)
・『日本近代建築家列伝』 (森戸アソシエイツ編)
・『藤森照信の建築探偵放浪記』 (藤森照信著)
・『日本の近代・現代を支えた建築』 
       (日本の近代・現代を支えた建築:建築技術100選委員会編)
・『庭と建築の煎茶文化』 (尼﨑博正編著/麓和善編著/矢ヶ崎善太郎編著)
・『専門図書館探訪』 (青柳英治著/長谷川昭子著)



DSCF1240.jpg





ぜひご覧ください

長岡京遷都、そして平安京への道

「大阪の歴史を掘る2019」講演会の第2部講演


國下多美樹氏(龍谷大学文学部教授)
「長岡京遷都、そして平安京への道」


関連図書コーナーをつくりました。。
なにわ歴史塾で予習をしてから講演会に参加しませんか。


図書リスト
『長岡京遷都』(国立歴史民俗博物館編)
『長岡京の歴史考古学研究』(國下多美樹著)
『平安京の風景』(井上満郎著)


20191101大阪の歴史を掘る2019


「大阪の歴史を掘る2019」講演会
日 時 12月14日(土)13時30分~16時30分
会 場 大阪歴史博物館 4階講堂
定 員 250名(当日先着順)
参加費 500円
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2019/osakanorekishiwohoru2019.html

大阪検定2019

今年もこのコーナーの季節がやって来ました。
「大阪検定2019」(期間:10月24日(木)~12月9日(月))


11回目の今年のテーマは「大阪の祭・イベント」
試験日は12月8日(日)です。
歴史塾でも大阪検定の公式テキストとともに、関連した本を集めました



20191024大阪検定2019




図書リスト


『大阪の問題集/第1~7回』(創元社編集部編 創元社)
『大阪の問題集ベスト選+要点集』(創元社編集部編 創元社)
『大阪の教科書』(創元社編集部編 創元社)
『大阪の教科書[増補改訂版]』(創元社編集部編 創元社)
『大阪の教科書/ビジュアル入門編』(創元社編集部編 創元社)
『大阪検定ポスター展全集』(大阪商工会議所都市活性化委員会[編] 大阪商工会議所)
『大阪検定ポスター展2017全集』(大阪商工会議所都市活性化委員会[編] 大阪商工会議所)
『大阪春秋/第175号(第47巻第2号)』(新風書房)
『大阪の祭』(旅行ペンクラブ編 東方出版)
『祭礼行事・大阪府』(高橋秀雄編/森成元編 おうふう)
『大阪の祭り』(大阪歴史博物館編 大阪府神社庁)
『週刊名将の決断/No.23』(朝日新聞出版)
『商都大阪をつくった男五代友厚』(宮本又郎著 NHK出版)
『五代友厚伝』(宮本又次著 有斐閣)
『銀二貫』(高田郁著 幻冬社)
『私の大阪八景』(田辺聖子著 岩波書店)
『大阪人の胸のうち』(益田ミリ著 光文社)
『大阪を古地図で歩く本』(ロム・インターナショナル編/夢の設計社編 河出書房新社)
『天下一の軽口男』(木下昌輝著 幻冬舎)


合格をめざしてがんばってください

特集展示「新発見!なにわの考古学2019」

現在開催中の特集展示「新発見!なにわの考古学2019」(会期:10月16日~2020年1月16日)関連図書を配架しています





DSCF1221.jpg





図書リスト



・『なにわ考古学散歩』
・『大阪遺跡』
・『葦火/193~195号』 (以上3冊、大阪市文化財協会編)
・『なにわの考古学30年の軌跡』
・『渡来人いずこより』
・『はにわ大行進』 (以上3冊、大阪歴史博物館編)





展示をご覧になった後は、ぜひお立ち寄りください~

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR