大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

昔の名所・旅 ~おでかけ案内~

なにわ歴史塾の特集コーナーで「昔の名所・旅 ~おでかけ案内~」(期間:9月6日(水)~10月16日(月))特集がはじまりました


いざ旅をしようとすると、どんな服を着たらいいの?持ち物は?名所は?など疑問がいっぱい。そんな疑問にお答えする本など昔の旅や名所に関する本を集めました。


20170906昔の名所・旅



ピックアップ図書はこちら


『おかね道中記 旅で使う貨幣』日本銀行金融研究所貨幣博物館 2012
『県別全国古街道事典/西日本編』東京堂出版 2003
『県別全国古街道事典/東日本編 』東京堂出版 2003
『古地図で歩く大阪ザ・ベスト10』140B 2017
『乗り物・おみやげでたずねる昭和30-40年代の旅 よみがえる旅のキオク』横浜市歴史博物館/横浜市ふるさと歴史財団 2007
『城と城下町/2 日本の城下町』学習研究社 2008
『城下町時代MAP/上方編』PHP研究所 2011
『新おおさか漫歩』大阪商業大学商業史博物館 2003
『森琴石と歩く大阪 明治の市内名所案内』東方出版 2009
『続おおさか漫歩』大阪商業大学比較地域研究所 1997
『大坂遊覧 伊予職人と歩くなにわ』東方出版 2016
『大阪名所むかし案内 絵とき「摂津名所図会」』創元社 2006
『東海道五十七次 京街道四宿 大坂-守口・枚方・淀・伏見-大津』中島三佳 1986
『幕末・明治京都名所案内 旅のみやげは社寺境内図』宇治市歴史資料館 2004
『弥次さん喜多さん旅をする 旅人100人に聞く江戸時代の旅』大田区立郷土博物館 1997
『旅セヨ乙女 江戸時代、おんなたちの旅』豊橋市二川宿本陣資料館 2014
『ガリヴァーの訪れた国 マリアンヌ・ノースの明治八年日本紀行』万来舎 2014
『日本紀行「開戦前夜」 』彩流社 2006
『遣唐使船 東アジアのなかで』朝日新聞社 1999
『図説・朝鮮通信使の旅』明石書店 2000



昔の旅人気分を味わいに来てください



幕末維新の人物ランキング

あるサイトで、「あなたの好きな幕末維新の人物ランキング」
というのを見つけました



結果は、



第1位 坂本龍馬 32.8%

第2位 西郷隆盛 9.0%

第3位 土方歳三 8.5%

第4位 高杉晋作 6.8%

第5位 勝海舟 6.6%

第6位 沖田総司 2.9%

第6位 吉田松陰 2.9%

第8位 近藤勇 2.0%

第9位 桂小五郎(木戸孝允) 1.6%

第10位 斎藤一 1.5%

第10位 松平容保 1.5%



と、やはり坂本龍馬がダントツの人気!




ランキングの人物の本が当館に何冊あるのか、ふと思いたって
人物名で蔵書検索を行ってみました
(タイトルのみの検索結果による)



第1位 坂本龍馬 17冊

第2位 吉田松陰
     桂小五郎(木戸孝允) 14冊

第4位 西郷隆盛 12冊

第5位 高杉晋作 6冊 ・・・

以下
勝海舟 5冊
沖田総司・近藤勇・松平容保 1冊
土方歳三・斎藤一 0冊



ここでも坂本龍馬は不動でした
当館は吉田松陰・木戸孝允の本がわりと多いみたいです。
人気の高かった土方歳三は0冊と、ちょっと意外な結果でした。



DSCF0887.jpg



書庫にある本も多いので、気になった方はカウンターにてお尋ねください◎

入場者数

毎日、入口の機械で歴史塾の入場者数をカウントしているのですが

カウンターから見て感じた入場者数と比べ、「あれ、そんなに?」とカウントがやけに多く感じる今日この頃・・・



もしかして・・・



DSCF0886.jpg



このせい?!ひょ-





歴史塾夏の怪奇現象でした(勘違いの可能性あり 笑)

特別展「大相撲と日本刀」

明日より始まる特別展「大相撲と日本刀」(会期:2017年7月8~8月28)の関連図書コーナーを一足早く設置しました





title[1]





20170706相撲展
コーナーはこんな感じです




リストはこちら↓↓





・『大相撲と日本刀』 (テレビせとうちクリエイト編)
・『相撲の歴史』 (新田一郎著)
・『大阪大国技館と大相撲』 (大阪市城東区役所編)
・『近世の朝廷と宗教』 (高埜利彦著)
・『勝川春章と天明期の浮世絵美人画』 (内藤正人著)
・『写真図説相撲百年の歴史』 (内藤正人著)
・『大相撲人物大事典』 (「相撲」編集部編)
・『大相撲あなたの知らない土俵の奥』 (長山聡著)
・『大相撲びいき』 (ラップ編)
・『大相撲行司さんのちょっといい話』 (三十六代木村庄之助著)
・『相撲』 (新田一郎著)
・『大相撲力士名鑑/平成29年度』 (「相撲」編集部編)
・『大相撲行司の世界』 (根間弘海著)
・『大相撲の解剖図鑑』
・『大相撲の道具ばなし』 (坂本俊夫著)
・『大相撲行司の伝統と変化』 (根間弘海著)
・『大相撲行司の軍配房と土俵』 (根間弘海著)
・『大相撲の歴史に見る秘話とその検証』 (根間弘海著)
・『大相撲行司の房色と賞罰』 (根間弘海著)
・『大相撲立行司の軍配と空位』 (根間弘海著)
・『スー女のみかた』 (和田靜香[文・絵]/播磨秀史編)
・『相撲大事典』 (金指基原著)
・『相撲の史跡/5』 (相撲史跡研究会編)
・『相撲のひみつ』 (新田一郎著/曽根愛[イラストレーション]) 
・『相撲ファン[超保存版]/vol.01~05』
・『相撲観戦入門/2017』
・『相撲』 (土屋喜敬著)
・『テレビでは言えない大相撲観戦の極意』 (舞の海秀平著)
・『日下開山初代横綱明石志賀之助』 (中村弘著)
・『呼出秀男の相撲ばなし』 (山木秀男著)
・『力士の世界』 (33代木村庄之助[著]/角川学芸出版編)
・『国技館』 (尾崎士郎著)





相撲について詳しく解説された書籍から、女性受けばっちりのムック本まで、幅広く読める本が集まっています
さっそく手に取って読んでいただいているお客様もちらほら。
ぜひお立ち寄りくださいませ~

2017年7月新着図書

なにわ歴史塾の7月新着図書を配架しました





今月は2冊





◆図書◆
・『親友が語る手塚治虫の少年時代』 (田浦紀子編著/高坂史章編著)
・『貨幣博物館常設展示図録』 (日本銀行金融研究所貨幣博物館編)





2冊とも今年出版された新しい本です◎
ぜひご覧ください

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR