FC2ブログ
大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

なにわ歴史塾の扉

6月1日、博物館が再開しました。
なにわ歴史塾がある2階はひっそりとしています。

なにわ歴史塾は閉室中でご利用いただけませんが、
閉室中だからこそ見れるものがあります。

こちら、
なにわ歴史塾の扉の模様です。
1歴史塾200607

開室しているときは扉を開放しているので見れません。
このマルに學の模様、扉の右隣にある
なにわ歴史塾の看板にも書かれているのですが、
もとは拓本で
「懐徳堂瓦当拓本(かいとくどうがとうたくほん)」といいます。

懐徳堂とは江戸時代、大坂にあった学問所のことです。
この模様がある軒丸瓦は寛政4年(1792)の火災によって焼失した
懐徳堂を再建する際につくられたものなのですが、現存していません。

なので本物は見ることができないのですが、
9階展示室の「船場の町並み模型」の中で見ることができます。
1/20で再現された模型なのでかなり小さいですが・・・

がんばって探してみてください。
懐徳堂




ゆっくり、ゆっくり、博物館は動き出しました。




まちライブラリーブックフェスタ2016 in 関西

現在開催されている
「まちライブラリー ブックフェスタ2016 in 関西」(開催期間:4月16日(土)~5月15日(日))になにわ歴史塾も参加しています





DSCF0707.jpg





「ブックフェスタ2016」は、大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・徳島と広域エリアで開催される、私設図書館「まちライブラリー」と公共図書館、書店、ショップなどのブックスポットが協力した地域イベントです。



詳しい情報はこちら
まちライブラリーブックフェスタ2016 in 関西



この「ブックフェスタ2016」に、こちらのイベントを紹介しています。
NHK大河ドラマ特別展「真田丸」関連図書コーナー
    (大阪歴史博物館・2階なにわ歴史塾)
特別展「近代大阪職人図鑑」関連図書コーナー
    (4月29日(金)~6月20日(月) 大阪歴史博物館・2階なにわ歴史塾)
特別展「近代大阪職人図鑑」 記念講演会「自在置物の魅力」
    (5月7日(土)14:00~15:00 大阪歴史博物館・4階講堂)





また、このイベントの一環であるスタンプラリーも設置しています
こちらのスタンプラリーは「ブックフェスタ2016」に参加しているブックスポットやショップなどに設置され、20個以上集めるとプレゼントと交換されます。(なくなり次第終了)
景品の引き換え、スタンプのお手続きは、ブックフェスタ期間内、まちライブラリー@もりのみやキューズモールの事務局時間内に限ります。)



DSCF0703.jpg



DSCF0697.jpg
なにわ塾入口横に設置しています。



DSCF0702.jpg
アンケートにもご協力お願いします





ぜひご利用ください

「短刀 銘 吉光(号 乱藤四郎)」の関連図書コーナー

現在、7階で公開されている「短刀 銘 吉光(号 乱藤四郎)」
公式Twitterでも大反響のようです





歴史塾でも関連する本を置いて、コーナーを設置しています



DSCF0531.jpg






関連図書はこちら↓↓



・『名物刀剣』 (佐野美術館編/徳川美術館編/富山県水墨美術館編/他)
・『図説刀剣名物帳』 (雄山閣出版)



DSCF0529.jpg





乱藤四郎の展示は5月11日(月)まで!観覧後にはぜひおたちよりください◎

ちいさな変更

お客様も働いている私たちもびっくりな
大胆な映像コーナーのリニューアルから1週間。


入口付近の圧迫感がなくなり、
歴史塾は広々とした明るい空間になりました。


20150318まえ
Befor





20150818あと
After


「映像の間」があまりにも変わりすぎて目立たなかったのですが、
リニューアルにともない歴史塾のレイアウトが少し変更されています。


気が付いた方いらっしゃいますか?


①「新着図書・今月の児童書」の本棚
  窓際 → 入り口付近に移動


②なにわ歴史塾「定」看板
  映像コーナー前壁 → 入り口付近壁に移動


③大阪歴史博物館「年間展示予定」ポスター
  窓側左から2本目柱横 → 窓側左から1本目柱横に移動


②の「定」看板
「懐かしい場所に戻ってきたなー」と思われた方は
かなりの歴史塾通です


20150318入口



幸運の巻寿司チラシ

明日2月3日は、節分
買ったり、作ったり、恵方巻きの準備をされる方も多いのではないでしょうか


節分にその年の縁起の良い方向を向いて、無言で巻寿司を食べる恵方巻きの習慣は、大阪からはじまったと推測されています。





20150202.jpg
上の資料は当館館蔵のチラシで昭和初期のものです。
節分の恵方巻きに関する資料としては、とても古いものに属しています。





掲載しているこちらの資料を歴史塾にてご覧いただけます↓↓



2015020201.jpg
「近代大阪の暮らしと風景 柴垣清氏収集資料」(1992年・大阪市立博物館編)



ちなみにミュージアムショップ文楽でも購入できます◎(販売価格500円)

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR