大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

お花見

今日の10階展示室からの眺めです
桜

大阪城の南側の桜も見ごろのようです
天気もいいので桜の隙間からブルーシートがちらほら。
『花見と桜 <日本的なるもの>再考』(白幡洋三郎著 PHP研究所 2000年)によると、お花見は日本特有の行事だそうです。




        




桜や紅葉がいちばんの見ごろの週末になると、
なにわ歴史塾ではある現象が起こります。


それは・・・


本を読みに来られる方が少なくなってしまうという現象です。
仕方がないといえば仕方がないのですが。。。
逆にまったりと本を読みたい方にはおススメです。
お花見、紅葉シーズン。特に午前中はねらい目ですよ



*ご利用サービス拡大のお知らせ*

平成25年4月1日より、
「書庫内図書閲覧・複写 受付時間変更」と「書庫内図書閲覧の事前予約開始」
いたします




新サービスの「書庫内図書閲覧の事前予約」は、所定の手続きを踏んでいただければ、予約日にスムーズに図書が閲覧できます


ぜひ活用してみてください!



2013年3月新着図書&第83回特集展示関連図書

なにわ歴史塾の3月新着図書を配架しました



今月は6冊


◆一般図書◆
・大阪まち歩き ―カリスマ案内人と行く-(栗本智代著)


◆考古学報告書◆
・大坂城跡/14
・大坂城跡/15
・喜連西遺跡発掘調査報告/2
・長原遺跡発掘調査報告/25
・矢田遺跡B地点発掘調査報告
(すべて大阪市博物館協会大阪文化財研究所編)



また、現在開催中の
特集展示「和田呉山と仏の絵画」(会期:2月27日~4月8日)の関連図書
も配架してます
リストはこちら↓↓



・すぐわかる日本の絵画   (守屋正彦著)
・円山応挙展   (兵庫県立歴史博物館編)
・大阪の仏教絵画   (堺市博物館編)
・仏像図典[増補版]   (佐和隆研編)
・奈良国立博物館蔵品図版目録 仏教絵画篇   (奈良国立博物館編)
・若冲と江戸絵画   (東京国立博物館編/日本経済新聞社編)
・円山応挙展   (日本経済新聞大阪本社事業部編)
・円山応挙の写生と風景   (三井文庫編)
・江戸文化シリーズ/14 奇想天外江戸絵画   (板橋区立美術館編)
・復古大和絵[改訂版]   (敦賀市立博物館編)
・在外日本の至宝/1   (柳澤孝編)
・密教辞典/全   (佐和隆研編)
・日本の美術/8   (佐和隆研編)
・日本の美術/209  (佐々木丞平編)
・日本の美術/210  (小林忠編)
・日本の美術/261  (中村渓男編)
・江戸絵画入門
・冷泉為恭の生涯  (逸木盛照)


全部で18冊

展示をご覧になった後は、ぜひお立ち寄りくださいませ

蔵書点検

先月の休館日、なにわ歴史塾の蔵書点検をしました。



蔵書点検とは
本が正しい場所にあるか、行方不明になっていないかを点検する作業のことをいいます。それと同時に破損している本がないかも確認します。



なにわ歴史塾の蔵書点検の方法はとてもアナログ。
1冊1冊プリントアウトされたリストと照合し、チェックしていきます
リスト 蔵書点検リスト


点検対象は6000冊ちょっと。これを3人で点検します。
翌日は通常通り開館するので点検作業は時間との闘いです
そのため事前準備はとても重要で、前日の閉館数時間前から本を請求番号どおりに並べ、当日の作業が少しでもスムーズに進むように準備します。


作業風景 
1冊ずつ確認。ノルマはひとり2000冊体力と根気が必要です



蔵書点検の次の日は行方不明本の捜索です。
間違って閉架書庫に戻っていないか、学芸員さんが使用していないか、棚の隙間に落ちていないかなど考えられるすべての場所を探します。



そして本の修理
ページ ページが取れてしまった本


私たちで直せる本は直します。

修理1  →→→  修理2
before                           after


蔵書点検は大変ですが、これをすることによって本が見つからないということがなくなり
快適に利用していただけるようになります。


みなさまのご利用をお待ちしております



プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR