大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

犬(ワン)ダフルブックス

昨日より、なにわ歴史塾特集コーナーでは「犬(ワン)ダフルブックス」(期間:4月5日(水)~5月15日(月))を設置しています





もはやペットではなく、家族の一員として愛されている「犬」。今回は、そんな犬のワンダフルな特集です
発掘された犬の埴輪や骨、狛犬や江戸時代に描かれた犬の絵画、といったように考古学から美術まで様々な角度からみた犬の本を集めました。
犬好きにはたまらない、犬好きでなくても心くすぐる、あんな絵やこんな置物などが掲載されています





20170406ワンダフルブックス





ピックアップ図書はこちら↓↓



・『京都狛犬巡り』 (小寺慶昭著)
・『日本犬聞録』 (大分市歴史資料館編)
・『犬の日本史』 (谷口研語著)
・『犬のもがたり』 (土浦市立博物館編)
・『江戸動物図鑑』 (港区立港郷土資料館編)
・『動物表現の系譜』 (サントリー美術館編)
・『いぬ・犬・イヌ』 (渋谷区立松濤美術館編)
・『動物彫刻の世界』 (大津市歴史博物館編)
・『動物の造形』 (滋賀県立琵琶湖文化館[編])
・『百獣の楽園』 (京都国立博物館編)
・『卑弥呼の動物ランド』 (大阪府立弥生文化博物館編)
・『アニマルランド』 (和泉市久保惣記念美術館編)
・『月刊考古学ジャーナル/501号(2003年5月号)』 (考古学ジャーナル編集委員会編)
・『目の眼/No.337』 (里文出版)
・『交換の民族誌』 (中川敏著)
・『狛犬』 (伊東史朗[執筆・編])
・『犬とみなし子』 (久保喬[作]/岩淵慶造[絵])
・『アンジュール』 (ガブリエル・バンサン[作])






ぜひご覧ください

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR