大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

館蔵品複製本が人気です!!

古文書講座が開催されている影響でしょうか?
今月に入って館蔵品複製本の書庫出納が5回もありました。
たった5回と思われるかもしれませんが、くずし字で書かれているものも多く、
読める人は限られてしまう本です
そのなかでの5回。かなりハイペースです。
今月はまだ10日も残っています。新記録は間違いないでしょう




今月の人気ランキング


第1位 斎藤家日記(さいとうけにっき)
京都新町錦小路の斎藤新助勝威が記した、天保14年(1843)~慶応元年(1865)にわたる日記。斎藤家は、伊勢桑名侯(奥州白川侯)松平家の用達を務めた商人で、近代大坂の文化人として著名な平瀬露香を生んだ豪商千草屋平瀬宗十郎家の親戚。勝威の祖父栄之は、末男勝古を大坂千草屋平瀬春郷に養子に入れ、勝古は後に独立して平瀬新宅として大坂で一家を成した。勝威の妻うよ(後、よしと改名)は勝古の娘である。江戸時代後期~幕末期の京都の有力商人の動向はもとより、大坂平瀬家の動向も窺える。


第2位 宰我の償(さいがのつぐのひ)
江戸時代の大坂で、町人学者として知られる山片蟠桃の主要著作「夢の代」の草稿本。蟠桃の師で懐徳堂学主の中井竹山の意見を付す付箋も多く、蟠桃の学問・思想を知る上で、また大坂町人の学問の水準を理解する上で重要な資料となる。カラー写真にて、朱筆の付箋まで忠実に再現した。


第2位 浪華御役録(なにわおんやくろく)
江戸時代の大坂で勤務していた武士の名鑑。大坂武鑑とも称される。大坂城代以下、町奉行所の同心までをその役務別に掲載するほか、一部の商人組合の長などが掲載されることもある。大坂を中心とした畿内近国支配の様相を知るための基本資料で、当館は18世紀中期以降慶応四年(1868)までの224通を所蔵する。


宰我の償1
第2位「宰我の償」 モノクロの複製本の中で唯一カラー版です


プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR