大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

明治時代のイケメン

カッコよさの基準は場所や時代によっていろいろですが、
今朝、バレンタインと聞いて思い出した本があったので
紹介したいと思います



波多野烏峰著 「紳士と社交」 実業之日本社 明治41年
紳士と社交
明治時代のマナー本です


この本の第5章「化粧」の中に著者が考える美男子について書かれています。
さて明治時代の美男子とは・・・


健康で清美なる容貌をもち人格が優れている人


そして清美なる容貌とは



①艶やかなる頭髪
清美なる容貌には必ず艶やかなる頭髪が必要だが、度が過ぎて銀行員や会社員とかに度々いるような猫に舐められたようなテカテカする頭髪は俗悪極まりない。艶やかなる頭髪になるには少なくとも一週間に一度は清潔に洗わなければならない・・・


②澄たる眼
清美なる容貌の中で最も重要な部分で、眼には人格があらわれる。よって、眼や精神を疲労させない注意が必要・・・


③気高き鼻
女子の鼻と違い化粧でごまかすことはできない。人格がよければ顔面全部の具合で何となく気高いように見え始める。


④白雪なる歯
目鼻立ちや服装がよくても黄ばんだ歯ひとつで風采を破壊するのに十分である。食後にはうがいをし、鏡を見て歯を掃除するのは嗜みのひとつである。


⑤凛々しき口(省略)


⑥活々したる頬(省略)


⑦清美なる体
顔だけでなく体全部が清美でなければならない。必ず毎日体全部をきれいにする必要がある。週に一度ぐらいしか入浴せず、顔もろくに洗わないようではいけない。清潔は清美なる容貌を保つ最大の条件である。


そして最後は香水の使い方
ほんの少し使うのは悪いことではないが、悪臭を隠すために使用していると想像させるような使い方はいけない。無臭は最上の芳香である。


いかがですか?明治時代の美男子は
かなりざっくりとまとめてしまいましたが、
詳しくはなにわ歴史塾で・・・


とにかく清潔に!が強調されていて、逆にこの時代の普通男子が気になります。


プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR