大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

気になる広告

戦前の雑誌を整理していると、ちょっと気になる広告がたくさん出てきます。

先日気になったのは昭和16年に発行された雑誌に載っていた広告。


「講談社代理部實用品御案内」


ボストンバック、特選布團袋、室内洗張器にならんで、

ヴアイオリンが載っていました


ブログ―実用品広告(3月19日)

実用品=実際に役立つ品。実際に用いる品。

なので、おかしくないと言えばおかしくないのですが、

魔法瓶の隣にヴアイオリン。

感覚的な違和感が・・・


お値段は 1号 7円、5号 25円


当時の物価は

 森永ミルクキャラメル   10銭(昭和15年)
 うどん・そば       16銭(昭和16年)
 富士屋ホテル(1泊3食付) 22円(昭和18年)
 アップライトピアノ    1350円(昭和18年)
 小学校教員の初任給    50~60円(昭和16年)
  ~ 森永卓郎『物価の文化史事典』展望社 2008年 ~


提琴家折紙付の逸品。高いのか安いのかわかりませんが、
ピアノより敷居の低い楽器なのは確かですね


プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR