大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

マニアックな雑誌たち

本日より、なにわ歴史塾特集コーナーでは「マニアックな雑誌たち」(期間:3月30日(水)~5月16日(月))を設置しています





大阪歴史博物館にはさまざまな専門雑誌が多く所蔵されています。
タイルや文化財、民家・・・狭い分野だけど、その業界では根強い人気を集めている雑誌たち!
そんなマニア向け雑誌の中から、ディープな題材を扱っている雑誌を厳選してご紹介します。





DSCF0687.jpg





ピックアップ図書はこちら↓↓



・『月刊昔ばなし絵巻/第5号』 (高久田洋平編)
・『月刊絵手紙/2013年4月号(通巻208号)』
・『大阪保険医雑誌/1月号(No.592)』 (大阪保険医協会[編])
・『家系研究/第57号』
・『月刊建設人/1月号(第46巻第1号)』
・『月刊コンクリートテクノ/第33巻第7号(通巻394号)』
・『醸界春秋/2011年9月号(第145巻第238号. 通巻1876号)』
・『書道界/2015年8月号(第27巻第8号通巻309号)』
・『水産振興/第536号(第46巻第8号)』 (東京水産振興会編)
・『月刊水墨画/2014年4月号(第25巻第12号通巻300号)』
・『石材/2012年1月号(第32巻第4号通巻376号)』
・『月刊そめとおり/2006年2月号(通巻661号)』
・『タイルの本/No.95』
・『都市と廃棄物/第45巻 第5号』
・『なごみ/2015年7月号(通巻427号)』
・『日本の凧の会会報/87号』
・『根付の雫/第67号』 (日本根付研究会[編])
・『ハイパーホビー/2月号(VOL.185)』
・『月刊文化財/平成24年3月号(No.582)』
・『民家/No.96(季刊冬)』





知る人ぞ知るコアな雑誌たちに触れてみてください

「あさが来た」関連図書コーナー

現在放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」
ドラマの影響か秋ごろから両替商や広岡浅子に関する質問が少しずつ増えてきたので、
大同生命や両替商、大坂の豪商に関する本を集めて、このたび関連図書コーナーを設けました!




DSCF0635.jpg
コーナーの様子





ピックアップ図書はこちら↓↓


・『大阪人/2003年3月号(第57巻3号)』
・『史料が語る三井のあゆみ』 (三井文庫編)
・『近代大阪の企業者活動』 (作道洋太郎編)
・『五代友厚と企業家精神』 (大阪企業家ミュージアム[編])
・『上方の研究/第3巻』 (宮本又次編著)
・『大坂両替商の金融と社会』 (中川すがね著)
・『経済発展と両替商金融』 (石井寛治著)
・『大同生命100年の挑戦と創造』 (大同生命保険株式会社広報部編)
・『三井越後屋奉公人の研究』 (西坂靖著)
・『宮本又次著作集/第8巻』 (宮本又次著/講談社出版研究所編)
・『両替商銭屋佐兵衛/1、2』 (逸身喜一郎編/吉田伸之編)


DSCF0640.jpg
コーナー図書の一部





ドラマが終了する春ごろまで設置する予定ですぜひご覧ください

大阪検定2015

受験生のみなさん。


今年もやります
「大阪検定2015」特集(期間:10月14日(水)~11月30日(月))


7回目となる今年のテーマは「大阪城と大坂の陣400年」


図書リストは

『大阪の問題集/第1回』創元社,2010
『大阪の問題集/第2回』創元社,2011
『大阪の問題集/第3回』創元社,2012
『大阪の問題集/第4回』創元社,2013
『大阪の問題集/第5回』創元社,2014
『大阪の問題集/第6回』創元社,2015
『大阪の教科書』創元社,2009
『大阪の教科書[増補改訂版]』創元社,2012
『なにわ大阪食べものがたり』創元社,2007
『はじまりは大阪にあり』筑摩書房,2007
『近代大阪経済史』大阪大学出版会,2006
『上方演芸大全』創元社,2008
『図説大坂 天下の台所・大坂』学習研究社,2003
『大阪ことば事典』講談社,1984
『大阪の近代建築と企業文化』ブレーンセンター,2009
『大阪の電車青春物語』草思社,1997
『大阪まち物語』創元社,2000
『大阪まち歩き』創元社,2013
『大阪市の歴史』創元社,1999
『大阪城ふしぎ発見ウォーク[増補版]』フォーラム・A,2011
『大阪府の歴史』山川出版社,1996
『大大阪モダン建築』青幻舎,2007
『町に住まう知恵』平凡社,2005
『日本の食生活全集/27 聞き書大阪の食事』農山漁村文化協会,1991
『豊臣秀吉と大坂城』吉川弘文館,2014
『歴史REAL/vol.17 大坂の陣と真田戦記』洋泉社,2014


試験日は11月29日(日)
歴史的事項から現代的事項まで幅広い知識を問われる試験。
合格をめざしてがんばってください


金 GOLD

今回のなにわ歴史塾の特集は
「金 GOLD」(期間:9月2日(水)~10月12日(月))


権力や富を示す
職人の技が光る美術工芸の
一攫千!?の埋蔵伝説からおまで
に関係する本を集めました。



図書リストはこちら

・『黄金の国々』(「黄金の国々:甲斐の金山と越後・佐渡の金銀山」展実行委員会編)
・『MOA美術館名品展』(一宮市博物館編)
・『桃山絵画賛歌』(京都国立博物館編)
・『蒔絵』(京都国立博物館編)
・『黄金に魅せられた倭人たち』(島根県立八雲立つ風土記の丘[編])
・『にっぽにあ/第45号』  
・『黄金細工と金銅装』(河田貞[執筆・編])
・『別冊歴史読本 歴史の謎シリーズ/3(通巻30号・第9巻第1号) 日本列島埋蔵金地図』  
・『小判とおかね』(関西大学博物館[編])
・『貨幣なぜなぜ質問箱』(大蔵省印刷局編)
・『ウクライナの至宝展』(ブレーントラスト編)
・『クリムト黄金の騎士をめぐる物語』(愛知県美術館編/長崎県美術館編/宇都宮美術館編/他)
・『北方騎馬民族の黄金マスク展』(古代オリエント博物館編/東京スタデオ編/旭通信社編)


20150905金GOLD


キラキラ?コテコテ!?なの世界をお楽しみください。


VIVA!お風呂~THE JAPANESE BATH~

汗をかいた後に浴びるシャワーや、湯船につかって1日の疲れをおとしたり、お風呂に入れば気分爽快
今回のなにわ歴史塾特集コーナーでは「お風呂」に注目して、
本日より「VIVA!お風呂 ~THE JAPANESE BATH~」(期間:5月13日(水)~6月29日(月))を設置しています



まだ家に風呂場がなかったころ、人びとは大衆浴場で体を清潔にしていました。
そんな湯屋の歴史、そして現代でも身近にある銭湯の建築、タイルや文化などを中心に日本の入浴事情に関する本を集めました。





20150513.jpg





ピックアップ図書はこちら↓↓


・『すまいの火と水』 (光藤俊夫著/中山繁信著)
・『ザ・ブック・オブ・ザ・バス』 (キャサリン・カナー著)
・『天満人/第6号』 (井上彰編)
・『風呂FURO&SAUNAサウナ』
・『ゆ』 (埼玉県立博物館編)
・『杉並のお風呂屋さん』 (杉並区立郷土博物館編)
・『湯の聖と俗と』 (兵庫県立歴史博物館編)
・『湯浴み』 (大分県立歴史博物館編)
・『住まいのかたち暮らしのならい』 (大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)編)
・『大阪人/1999年2月号(第53巻第2号)』
・『大阪人/2003年12月号(第57巻12号)』
・『建築と社会/No.989(Vol.85)』
・『月刊タイル/2006年10月号(No.531)』
・『月刊タイル/2007年6月号(No.539)』
・『タイルの本/No.22』
・『タイルの本/No.50』
・『歴博/第142号』 (国立歴史民俗博物館編)
・『大阪物語』 (鷲谷樗風著)
・『町人の都大坂物語』 (渡邊忠司著)
・『共同風呂』 (白石太良著)
・『近代ニッポンの水まわり』 (和田菜穂子著)
・『浪花の銭湯弐百選』 (ニュートピア株式会社「浪花の銭湯編集室」編)





ぜひこちらの本を読んで、生活に身近なお風呂文化に触れてみてください

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR