FC2ブログ
大阪歴史博物館 なにわ歴史塾ブログ
大阪歴史博物館の2階なにわ歴史塾では、展示内容を深めていただくため、開架図書6,000冊、映像ソフト100本以上を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

まだ少し先の話ですが・・・

7月22日(水)から
なにわ歴史塾が再開します。

閲覧席を約半数に減らし、
調べもの相談も10分程度にさせていただくなど
サービスを制限しての再開となります。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


再開まであと24日。
あともう少しお待ちください。


大阪歴史博物館HP
常設展示にかかる今後の予定について



なにわ歴史塾の扉

6月1日、博物館が再開しました。
なにわ歴史塾がある2階はひっそりとしています。

なにわ歴史塾は閉室中でご利用いただけませんが、
閉室中だからこそ見れるものがあります。

こちら、
なにわ歴史塾の扉の模様です。
1歴史塾200607

開室しているときは扉を開放しているので見れません。
このマルに學の模様、扉の右隣にある
なにわ歴史塾の看板にも書かれているのですが、
もとは拓本で
「懐徳堂瓦当拓本(かいとくどうがとうたくほん)」といいます。

懐徳堂とは江戸時代、大坂にあった学問所のことです。
この模様がある軒丸瓦は寛政4年(1792)の火災によって焼失した
懐徳堂を再建する際につくられたものなのですが、現存していません。

なので本物は見ることができないのですが、
9階展示室の「船場の町並み模型」の中で見ることができます。
1/20で再現された模型なのでかなり小さいですが・・・

がんばって探してみてください。
懐徳堂




ゆっくり、ゆっくり、博物館は動き出しました。




お知らせ

大阪府の休業自粛要請の解除をうけ、
6月1日(月)から約3か月ぶりに大阪歴史博物館が再開します。
常設展示のみ時間短縮での再開となり、
なにわ歴史塾は引き続きご利用いただけません。
なにわ歴史塾の再開を楽しみにしていらした皆さま、申し訳ありません。

臨時休館をしている間、なにわ歴史塾では蔵書点検をしたり、
弱ってきた本たちの修理をしていました。
例えば、本の中身と表紙の間にできた隙間に糊を入れて、
形を元に戻してあげるだけでも元気さを取り戻します。
20200517前20200517後
        修理前               修理後
さらにクーターという筒を背に入れて補強するともっと元気になります。

まだしばらくの間、なにわ歴史塾は閉室したままですが、
大阪歴史博物館のホームページには歴史や文化を学べる楽しいコンテンツがたくさんあります。
おうち時間の合間にのぞいてみてください。


「昔の大阪」写真ライブラリー
なにわ歴史塾の映像コーナーで見ることができる戦前・戦後の大阪の写真。

館蔵資料の検索
「滑稽浪華名所」「大阪行幸記念空中写真帖」「大阪市大観」など
常設展示室の端末で見ることができる館蔵資料22件を公開。

館蔵品ギャラリー
少しですが歴史、美術、民俗、建築関係の館蔵品が見れます。

研究紀要
『大阪歴史博物館研究紀要』第11号~第18号の一部を読むことができます。

大阪歴史博物館公式Twitter
大阪歴史博物館の最新情報のほか
大阪で起こった出来事を毎日紹介【きょうは何の日?】
ゆる~く絵馬を楽しむ【絵馬に願いを】
博物館のまわりに咲く花を素敵な写真で紹介【花だより】など
気が付けば新しい何かの情報発信がはじまっています。


なにわ歴史塾 冬の特集

昨日より特集コーナーにて
なにわ歴史塾冬の特集(会期:令和元年12月11日(水)~令和2年3月30日(月))がはじまりました。

ブログ用冬の特集2019


今年も“大阪”をキーワードに
来年、球団創立85年を迎える阪神タイガースなど「大阪と野球」に関連した本と
同じく来年、1970年大阪万博から50周年を迎える「大阪万博」に関連した本を集めました



図書リスト


①大阪と野球
・『野球大好き関西人』明治生命保険相互会社大阪総務部創業112年感謝“関西を考える”会[編] 明治生命保険相互会社大阪総務部創業112年感謝“関西を考える”会 1993
・『なにわのスポーツ物語』なにわのスポーツ研究会編 丸善プラネット 2015
・『大阪の教科書/ビジュアル入門編』創元社編集部編 創元社 2018
・『大阪の教科書/上級編』創元社編集部編 創元社 2019
・『戦中戦後のスポーツ』昭和館[編] [昭和館] 2000
・『大阪人/2001年5月号(第55巻5号)』大阪都市協会 2001
・『大阪の20世紀』産経新聞大阪本社社会部著 東方出版 2000
・『夏・甲子園』兵庫県立歴史博物館[編] [兵庫県立歴史博物館] 2008
・『兵庫県謎解き散歩』大国正美編著 新人物往来社 2011
・『阪神タイガース展』大阪歴史博物館編/他 阪神タイガース展実行委員会 2005
・『阪神タイガース70年史』ベースボール・マガジン社 2005
・『阪神タイガース昭和のあゆみ』阪神タイガース編 阪神タイガース 1991
・『とら・虎・トラ』西宮市大谷記念美術館編 西宮市大谷記念美術館 2013
・『勝っても負けてもお祭りや 阪神タイガース考』明治生命保険相互会社大阪総務部創業117年感謝“関西を考える”会[編] 明治生命保険相互会社大阪総務部創業117年感謝“関西を考える”会 1998
・『南海ホークスがあったころ』永井良和著/橋爪紳也著 紀伊國屋書店 2003
・『キミは杉浦を見たか』豊田市郷土資料館編 豊田市教育委員会 1997



②大阪万博
・『’07EXPO’70』市民委員会編 吹田市立博物館 2007
・『1970年大阪万博の時代を歩く』橋爪紳也著 洋泉社 2018
・『EXPO’70 建築ガイド』第2回日本建築祭実行委員会事業部会編 第2回日本建築祭実行委員会 1970
・『EXPO’70 日本万国博覧会/上・下巻』国際情報社EXPO’70編集室編 国際情報社 1970
・『EXPO’70パビリオン』大西香織編 平凡社 2010
・『TIME CAPSULE EXPO’70記録書[日本語版]』タイム・カプセルEXPO’70記録小委員会編 松下電器産業 1975
・『おおさか/4月号(第11巻第4号・通巻第112号)』大阪PR協会 1970
・『タイム・カプセルEXPO’70』タイム・カプセルEXPO’70開封委員会事務局編[毎日新聞大阪本社総合事業局] 2001
・『月刊島民中之島/Vol.20』月刊島民プレス編 月刊島民プレス 2010
・『伸びゆく大阪’70』大阪市公聴部広報課編/万国博覧会協力部編 大阪市/万国博覧会協力部 1970
・『太陽の塔からのメッセージ』川崎市岡本太郎美術館編 川崎市岡本太郎美術館 2000
・『大阪春秋/第140号(第38巻第3号)』新風書房 2010
・『大阪万博』都築響一著 アスペクト 2008
・『日本館』
・『日本万国博覧会パビリオン制服図鑑』大橋博之編著 河出書房新社 2010
・『日本万国博覧会公式記録写真集』日本万国博覧会記念協会[編] 日本万国博覧会記念協会 1971
・『万博開封』大阪市立博物館編 大阪市立博物館 2000
・『未来との対話』[大阪市] 1971


20191211冬の特集


なにわ歴史塾は、博物館がお休みの火曜日と年末年始(12月28日~1月4日)は閉まっていますが、博物館が開いているときはいつでも開いています


ご利用お待ちしております


2019年12月新着図書

なにわ歴史塾の12月新着図書を配架しました





今月は3冊




◆図録◆
・『子ども・おもちゃの博覧会』 (埼玉県立歴史と民俗の博物館)
・『豊臣外交』 (大阪城天守閣)
・『由義寺発見! -国史跡指定記念-』 (八尾市立歴史民俗資料館)





全てこの秋に開催された展覧会図録ですぜひご覧ください

プロフィール

大阪歴史博物館 なにわ歴史塾

Author:大阪歴史博物館 なにわ歴史塾
大阪歴史博物館2階「なにわ歴史塾」をもっと活用していただくために、さまざまな情報をお届けします!

最新記事

カテゴリ

くったりフレンズ時計

リンク

Flash Piano

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR